YouTuber校長日記

YouTuber校長として、サッカー解説者として日々の生活の中で感じたことや本を読んで学んだことなどを書きます!

南流・ウィルパワー(判断力)の賢い使い方!(前編)

どうも。南弘一です。千原台高校の校長をしています。とともに、地元熊本でサッカー解説の仕事もしています。

1月24日に更新したブログ「千原台高校 前期(特色)選抜入試 本番に向けて準備万端!」に次のように書きました。

ほぼ完璧な状態で準備できていたのですが、私が唯一、修正を指示したのは「面接控室」についてでした。

修正したのは、二か所です。

一つ目は、「控室の椅子の数」です。控室として使う部屋のほとんどは、商業実習室、音楽室、国際交流室などの「特別教室」なので、長机が配置されています。長机の位置はいつもと変えてあったのですが、椅子の数が人数分より多く置かれていました。(3人用の長机なので、椅子が3脚ずつ配置してあり、実際にそこに座るのは2人という状態)

そこで、椅子の数を人数に合わせるように指示をしました。

あと一つは、控室の「席次表」です。実際には、長机に2人ずつ座るのに、1人ずつ座るような表示になっていたので、受験番号が書かれた「セル」をつなげて、長机に2人が座ることが一目でわかるような「席次表」にするように指示をしました。

私が、なぜ、そのような細かいことにこだわったのか?

それは、「受験する生徒の皆さんの『判断力』を受験だけに注いでもらう環境」を作りたかったからです。

「判断力」の使い方については、また、いつかこのブログで私の考えをお話ししますね。

ということで、今日のブログでは「判断力(以下、ウィルパワー)」についての私の考え方と実践をお話しします。

いつもお話ししているように「校長」としての仕事の多くを占めるのは、「様々な判断」をすることです。

判断するのは当然「脳」の働きであり、この判断を司るエネルギーのことを「ウィルパワー」と呼びます。

脳科学の所見によると「人が一日に発揮できる『ウィルパワー』の総量は決まっている」そうなのです。

そこで、仕事の重要な場面で「ウィルパワー」を発揮するためには、その他の場面の「ウィルパワー」を温存しておく必要があります。

「ウィルパワー」は、仕事上での重要な判断だけでなく、日常生活の中での小さな判断でも同じように消費していきます。

そこで、あなたは朝起きてから出勤して仕事を始めるまでに、どんな場面で「ウィルパワー」を使っていますか?振り返ってみてください。

その一つに、「今日着ていく服を決める」という「判断」があることだと思います。

この「今日着ていく服を決める」という「ウィルパワー」の消耗を減らすようにしていた有名人がいます。

それは…

アップルの創始者であるスティーブ・ジョブズです。

ご存じの通り、スティーブ・ジョブズは常に黒いタートルネックとブルージーンズで仕事場に向かっていたと言われています。

この考え方を取り入れて、「常に同じ服装で仕事をする」という実業家も数多くいます。

しかし、私の場合、これをそのまま取り入れることには抵抗があります。

それは、「おしゃれは私の大きな楽しみの一つ」という面があるからです。

私は、中学生の頃に「ファッション」に目覚め、高校時代、大学時代、そして、社会人になってからも「新しい洋服を買うこと」は、大きな「楽しみ」の一つとしてきました。

「自分の大好きなことを何かのために犠牲にする」ということは、これまた脳科学の見地からも脳の働きをマイナスの方向に動かしてしまいます。

では、「朝のウィルパワー」を温存しつつ、「おしゃれを楽しむ」ためには、どんな実践をすれば良いのか?

私の実践とは…

次の(後編)でお話ししますね。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日一日が、あなたにとって素敵な一日になりますように。

「いい教師の条件」諸富祥彦著(SB新書)を読んで…(後編)

どうも。南弘一です。千原台高校の校長をしています。とともに、地元熊本でサッカー解説の仕事もしています。

今日のブログのタイトルは、

「いい教師の条件」諸富祥彦著(SB新書)を読んで…(後編)

このシリーズの最終話です。

よろしくお付き合いください。

(前編)(中編)では、三つの「いい教師の条件」のうちの二つについてお話ししました。

一つ目は、「リレーション力」。誰とでもパッと望ましい人間関係をつくれる力です。

二つ目は、「ファシリテーション力」。子どもたちの「資質」「能力」を最大限に引き出すために、「子ども自身の思考のプロセス」「子ども同士の対話のプロセス」を促進する力のことでした。

今日は、いよいよ三つ目です。

三つ目の「いい教師の条件」とは…

「ミッションとパッション(教師であることの使命感と情熱)」です。

このことについて、著者は、次のように述べています。

「教師になる人には、強い『使命感と情熱』(ミッションとパッション)が必要です。

 教師は、子どもたちの人生に大きな影響を与える仕事だからです。」

(本書p,260より引用)

私は35年前に教師という仕事につき、数多くの「いい教師」と出会い、一緒に仕事をしてきました。

「いい教師」と言えるすべての人たちが必ず備えていたのが、この「ミッションとパッション」です。

ただ、現在の教師に求められている「ミッションとパッション」には、一つの方向性があります。

それは、

「その『ミッションとパッション』は、子どもたちの『ウェルビーイング(幸せ)』につながるものでなければならい。」

ということです。

子どもたちの「ウェルビーイング」につながるためのポイントについて、著者は次のように主張しています。

「『少数派の子ども』とは、いじめを受けている子、不登校の子、発達や愛着の問題のある子、LGBTの子たちです。

 私は、『本当に力のある教師とは、少数派の子どもの立場に徹底的に立つことが出来る教師である』と考えています。」(本書P222より引用)

まさにその通りだと思います。

しかし、私自身、これまでの教師生活、さらに管理職として仕事をする中で、本当にこれを貫くことが出来ていたかどうか…

反省すべき点も多かったように感じています。

たとえば、サッカー部の顧問として子どもたちを指導している時に、技術的、体力的に優れているとは言えない選手たちにも「ウェルビーイング」を感じさせる指導が出来ていたのか…

自分が担任をしていた時に、本当に少数派の子どもたちの立場に徹底的に立つことが出来ていたのか…

管理職としてはどうなのか…

この「ミッションとパッション」が大きい教師こそ、その方向性については、常に自分を見つめ直し、点検しながら歩むことが必要です。

私自身もそのように務めていかなければならないと決意を新たにしました。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日一日が、あなたにとって素敵な一日になりますように。

「いい教師の条件」諸富祥彦著(SB新書)を読んで…(中編)

どうも。南弘一です。千原台高校の校長をしています。とともに、地元熊本でサッカー解説の仕事もしています。

今日のタイトルは、

「いい教師の条件」諸富祥彦著(SB新書)を読んで…(中編)

昨日のブログの続きです。

昨日のブログでは、私が本書を参考にして考えた「いい教師の条件」三つのうちの一つ目、「リレーション力」についてお話ししました。

今日は、この続きをお話しします。

では、早速二つ目の発表です。

二つ目は、「ファシリテーション力」です。

このことについて著者は、次のように述べています。

「今、『教師の役割』が、世界的に大きく変わりつつあります。

 従来の『教科内容』を『教えること』(ティーチング)から、子ども一人ひとりのの『資質』『能力』を最大限に引き出すこと。そのために、『子ども自身の思考のプロセス』『子ども同士の対話のプロセス』を促進すること(ファシリテーション)へ、教師の役割が大きく変化しつつあるのです。」

このことは、現在、教育現場にいる私としても強く実感しています。

このように「教師の役割」が変化しつつある背景には、「学習指導要領の改訂」があります。高校では2022年度、つまり今年度から「完全実施」となった「新学指導要領」では、学びに対して子どもたちの主体性を育て能動的に取り組ませる「主体的・対話的で深い学び」(アクティブラーニング)が推奨されています。

「他人から強制されたこと」と「自ら進んでやったこと」のどちらが身に着くか?

これは、後者であることは、あなたも体験していることだと思います。

このことについては、脳科学的にも明らかになっていて、脳科学者の茂木健一郎著「プロファッショなるたちの脳活用法2」(NHK出版)では、「第1章 子どもの脳の育て方~成長の極意は『教えないこと』~」と題し、清水商業サッカー部の監督として、小野伸二川口能活を育てた大瀧雅良監督や、中学校英語教師として英語教育界最高の栄誉とされる「パーマー賞」(㈶語学研究所主催)を受賞した田尻悟郎先生の実践が紹介されています。興味のある方は、こちらの本も読んでいただくことをオススメします。

私自身は、「ファシリテーション力」をどんな機会に磨いているか?

それは、学校現場ではなく、サッカー協会の「47FAチューター(47都道府県サッカー協会指導者養成担当者)」としての仕事で磨いています。

「47FAチューター」の役割は、47都道府県でサッカー指導者養成講習会を開いて、受講生の「ファシリテーター」となり、受講生自身の「サッカー指導者としての資質」を引き出すことにあります。

現在、校長職にあり授業をする機会がなくなった私が、このような場で磨いた「ファシリテーション力」を発揮するのは、以前のブログでお話しした「教員採用試験対策」で若者たちを指導するときです。

今後は、さらに多くの教師が「ファシリテーション力」を磨いていく機会を作っていきたいと思います。

さて、三つ目は…

ここまでのかなりの字数になったので、明日のブログを(後編)とさせていただき、そこで、お話ししますね。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日一日が、あなたにとって素敵な一日になりますように。

「いい教師の条件」諸富祥彦著(SB新書)を読んで…(前編)

どうも。南弘一です。千原台高校の校長をしています。とともに、地元熊本でサッカー解説の仕事もしています。

私は、「読書」を趣味の一つとしていますが、読む本のジャンルは次の3つに分かれています。

① 今すぐに仕事に役立ちそうな「ビジネス書」。

② 今すぐは役に立たないかもしれないけれど、自分の教養を高め、いずれは人生の役に立ちそうな「教養書」。

③ エンターテインメントを楽しむために読む「小説・エッセイ」等。

の3つです。

「① ビジネス書」の中でも、最も私と直接的な関係性が高いのが「教育関係者が書いたビジネス書」ということになります。

今回ご紹介する本はそのジャンルに含まれます。

「いい教師の条件」諸富祥彦著(SB新書)です。著者の略歴欄には、次のように記されています。

◎1963年福岡県生まれ。筑波大学人間学類、同大学院博士課程修了。千葉大学教育学部講師、助教授を経て、現在、明治大学文学部教授。教育学博士。

臨床心理士、公認心理士、上級カウンセラーなどの資格を持つ。現場教師の作戦参謀。「教師を支える会」代表。

(本書「著者略歴」より抜粋)

ということで、私が1964年生まれですので、ほぼ同年代。教育系の大学を卒業し、その後、大学の先生をしつつ、「スクールカウンセラー」などとして、学校に直接かかわってきた方だということです。

本書のサブタイトルには、「いい先生とダメな先生はここが違う」と記されています。

35年前に教師生活をスタートし、校長として6年目を迎えた私の中にも「いい先生とダメな先生はここが違う」というテーマについての実感はありますので、著者の考えと私の考えを比較する視点で読み進めました。

いい教師の条件 諸富祥彦著(SB新書)

結論を言うと、著者の考えと私の考えはほぼ一致していました。

そこで、今日は、本書を参考にしての「いい先生に求められる力」を3つ紹介します。

① リレーション力(人間関係力)

「リレーション」とは「心と心のふれあう関係づくり」という意味です。著者は次のように述べています。

「教師という仕事は、子ども、保護者、同僚と、常に誰かを相手に人間関係を持つ中で行っていく仕事です。

 その意味で、教師にまず求められるのは、瞬時にして相手とパッとリレーション(心と心のふれあい)をつくっていく力。しかも、相手が誰であるかを問わず、相手を選ばずにリレーションをつくっていくことが出来る力です。」

この意見は、私もまさに同感です。

教師全員にとってそうですが、教頭、副校長、校長などの管理職の任にある人には、さらに高いレベルの「リレーション力」が求められます。

なぜなら、管理職には、多く関わる人間に、地域住民、教育委員会関係者、企業の方々などが加わるからです。

私自身も、常に「リレーション力」を磨き続けていく必要性を感じています。

さて、あと2つの力とは何なのか?

それは、明日の(後編)でお話ししますね。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日一日が、あなたにとって素敵な一日になりますように。

千原台高校・西村、境田の力走で熊本市17度目V ~熊日郡市対抗女子駅伝~

どうも。南弘一です。千原台高校の校長をしています。とともに、地元熊本でサッカー解説の仕事もしています。

熊本市17度目V 熊日郡市対抗女子駅伝

 第40回熊日郡市対抗女子駅伝は29日、熊本市中央区のびぷれす熊日会館前を発着する7区間28キロで19都市が競い、熊本市が1時間35分4秒で、中止を挟み2大会連続17度目の優勝を飾った。新型コロナウイルスの影響で前回が中止。前々回は県民総合運動公園の周回コースで実施し、公道での開催は3年ぶり。」(1月30日発行:熊本日日新聞1面より引用)

今日(1月30日)発行の地元紙・熊本日日新聞1面に掲載されている見出しと記事です。

ここに伝えられている通り、熊日郡市対抗女子駅伝で、熊本市チームが17度目の優勝を果たしたのですが、その立役者となったのが、千原台高校女子陸上部3年生の西村美月さんと境田百花さんでした。

今日は、この話題をお話しします。

境田さん、西村さん(千原台高校)の活躍を報じる地元紙・熊本日日新聞
(1月30日発行:熊本日日新聞1面、11面より)

7区間で争われるレースの6区を走ったのが、西村美月さんです。熊本市の二岡中学校を卒業して、千原台高校に入学し、1年生の時から実力を発揮して、1年生、2年生と2年連続で都大路を走っています。

特に私の心に残る走りを見せてくれたのは、彼女が2年生の時の熊本県高校女子駅伝大会でアンカーを任された時でした。

この年の大会は、熊本県内の最大のライバルであるルーテル学院高校と大接戦のレースとなりました。1区から4区まで、高校女子駅伝ではかなり珍しい「僅差」で、タスキがアンカーの西村さんに渡されました。後ろから追ってくるのは、ルーテル学院高校スーパーエースで同学年の溝上さんです。

私も正直に言うと、

「これだけの差で、逃げ切れるのか?」

という不安な気持ちでレースをみていました。

しかし、この日の西村さんは、本当に力強い走りをみせ、ルーテル学院の溝上さんとの差をぐんぐん広げていきます。

見事に1位でゴールテープを切り、千原台高校の「熊本県大会4連覇」の立役者になってくれました。

熊日郡市対抗女子駅伝で熊本市チームのアンカー7区を任されのは、境田百花さんです。彼女も、西村さんと同じく千原台高校女子陸上部の3年生です。

境田さんは、実は双子の姉妹。境田萌花さんもともに千原台高校女子陸上部で活躍してくれました。

境田姉妹は、熊本市の北部中学校を卒業して、千原台高校に入学。2人とも、素晴らしい力を持ったランナーなのですが、先に頭角を現したのは萌花さんの方でした。

萌花さんが、1年生の時から都大路を走るメンバーに入ったのに対して、百花さんは1年時にはサポートメンバーとしてチームを支えたのです。

百花さんがめきめきと頭角を現してきたのは、2年生のトラックシーズンからでした。1500mや3000mで次々と自己ベストを更新。3年生の夏には全国高校総体への出場も果たしました。

西村さんや境田さんたちと毎日のように顔を合わせる時間帯があります。それは、私が「朝掃除」をしている時間帯です。学校の近所にある石神山公園や二の丸公園で朝練習を終えた彼女たちが自転車で登校してくる時間です。

「おはようございます。」

と、毎朝、さわやかな笑顔で挨拶してくれます。2人ともレースでみせるストイックな表情とは違い、本当に心優しいお嬢さんです。(2人だけではなく、女子陸上部部員全員がこんな感じです。)

そんな2人が、地元の熊本市を優勝に導く大活躍。心からの拍手を送りたいと思います。

西村さんが天満屋、境田さんがパナソニックと、ともに実業団チームに進み、さらに高いレベルの走りを目指してくれることが決まっています。

これからの2人のさらなる活躍をご期待ください!

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日一日が、あなたにとって素敵な一日になりますように。

熊本県教員蹴友会総会 3年ぶりに開催! 50周年記念歴代監督表彰も…

どうも。南弘一です。千原台高校の校長をしています。とともに、地元熊本でサッカー解説の仕事もしています。

熊本県教員蹴友会」とは、どんな組織か?

それは、サッカー天皇杯熊本県代表になったり、九州社会人サッカーリーグで戦ったりしている熊本県社会人サッカーチームの草分け的存在である「熊本県教員蹴友団(以下、熊本教員団)」を支えるOB会のことです。

昭和47年(1972年)に結成され、昨年、50周年を迎えた歴史のある団体です。

ほとんどの選手が熊本県内の教員として働きながら、県内トップレベルの社会人サッカーチームとして活躍している熊本教員団。

遠征などの費用の多くも「部費」という形で、選手自らがお金を払い、身銭を切って活動しています。そんな彼らを少しでも援助したいという目的で発足しました。

創立50年を超える組織ですので、当然、私が熊本教員団に入団した35年前にもこの会は行われていて、選手時代、監督時代には、数多くの先輩方にお世話になってきました。

ですから、選手、監督を引退しても、この会には毎年出席するようにしています。

ただ、残念ながらこの2年間はコロナの影響で「中止」となっており、昨日(1月28日)が3年ぶりの開催となりました。

3年ぶりに開催される中で、感じたことを三つお話しします。

一つ目の感想は、「出席者の中で最高齢の先輩方と自分の年齢が近づいてきたなあ。」ということです。毎年、この会に参加していて「サッカーをしていた先輩方はいつまでもお元気だなあ」ということを強く感じていたのですが…

そのような先輩方の多くが、今回はご欠席。今回の最高齢の先輩は、私が入団した時の監督さんでした。自分がいかに年を重ねてきたかを痛感します。

二つ目は、「熊本教員団が2022年の九州リーグで9位に終わり、今シーズンは熊本県1部リーグに降格。ぜひとも1年で九州リーグに復帰してほしい!」ということです。

2022年シーズンは、長年チームの指揮をとってきた青木監督が総監督となり、鈴木田新監督体制の1年目でした。鈴木田くんは、現在37歳。まだまだ体も動くということで、「選手兼監督」という形で戦ったのですが…

結果は、残念ながら10チーム中9位に終わり、「降格」となってしまいました。

実は、私が監督に就任した年も九州リーグにいたのですが、その年の成績は10位。最下位に終わり、1年で熊本県1部リーグに降格したという経験をしています。なので、鈴木田監督の胸の内が痛いほどわかります。

「現役挨拶」の中で、彼は、

「2023年のシーズンは、選手を引退し、監督に専念して、必ず1年でチームを九州リーグに復帰させます!」

と力強く語ってくれました。皆さんからの応援もお願いします!

三つ目は、「歴代監督表彰ということで『感謝状』をいただき感激した」ということです。

司会の方から、「監督時代の一番の思い出を一言だけお願いします。」と振られて、私が話したのは…

「私の監督時代の一番の思い出は、熊本県リーグから九州リーグ復帰を決めた試合です。最後の試合では、私が高校生だった頃に教師となり、教員団の一員となられた大ベテランの先生を途中起用して、何とか勝利を収めました。この試合の感激は一生忘れないと思います。」

という話です。

先ほど話したように、私の監督1年目は九州リーグで最下位という申し訳ない成績で終わってしまいました。それから、3シーズン目。ようやく九州リーグへの復帰を果たした試合の思い出です。

鈴木田現監督にも、必ずこんな日が来るはずです。

歴代監督表彰でいただいた感謝状の盾 監督時代に熊本教員団のユニフォームカラーだった青色がベースになっている

これからも熊本教員団を応援していきたいと思います。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日一日が、あなたにとって素敵な一日になりますように。

熊本市教員採用試験募集要項 3つの改訂 教師を目指す若者に夢と希望を!

どうも。南弘一です。千原台高校の校長をしています。とともに、地元熊本でサッカー解説の仕事もしています。

先日(1月26日)行われた「熊本市教育委員会会議」の席で、教育委員会事務局から報告された「報告事項」の一つに、「熊本市立学校教員採用選考試験、主な変更点について」というものがありました。

今日は、この話題についてお話しします。

ちなみに、この件については、1月27日、28日発行の地元紙・熊本日日新聞でも報じられています。

今回の改訂の中で、私が採用試験に臨む人たちの動向に影響を与えそうだと感じたポイントが3つありました。

一つ目は、「熊本市の臨時的任用教員等を対象とした一次試験全免除を36カ月以上から24カ月以上に変更する(令和6年度採用試験より)」という点です。

つまり、これまでは、熊本市内の学校で3年間講師として勤務した経験者に与えられていた「一次試験全免除」の権利を2年間勤務した人にも付与するというわけです。

これまでに、「教師としての素養が高いのに、現場での仕事に追われて一次試験の勉強に費やす時間を見いだせずに、なかなか一次試験合格を果たせない」という状況にある多くの若者をみてきた私は、この改訂はとても良いことだと思っています。

二つ目は、「一次試験合格者は、翌年度の一次試験を免除する(令和7年度採用試験より)」という改訂です。

これまでは、必死に勉強して「一次試験合格」を手にしても、「二次試験で不合格」となった人は、また、翌年も「一次試験の勉強」に臨まねばなりませんでした。このことは、現場で働く若手の講師の人たちに、多大な負担を与えていました。

これからは、「一度合格すれば、あとは二次試験だけ!」となるわけで、現場で講師をしながら教諭を目指している若者や教師を目指す大学生にとっては、一次試験に臨むモチベーションのアップにつながります。

三つ目は、「小学教諭等(一般)志願者の大学推薦制度を新設する(令和7年度採用試験より)」というものです。

推薦の基準について、教育委員会会議で教育委員さんから質問がなされました。それに対する教育委員会事務局の回答は、

「学生時代に学業、部活動、ボランティア活動などで実績を残した学生を大学より推薦してもらいたい。」

というものでした。

この制度については、以前から大学からの待望論もあったように聞いています。

教師を目指す大学生が、学生生活で力を入れてきたこと、いわゆる「ガクチカ」が教員採用試験でもメリットとなることは、大学生の学生生活の充実にもつながる可能性があり、これも大賛成です。

これらの改訂が、多くの若者たちの「自分も教師という道を歩みたい!」という思いを後押ししてくれることを期待します!

なお、改訂の詳細は下記のURLからご覧いただけます。ぜひ、ご参照ください。

https://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=2481&sub_id=221&flid=328972

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日一日が、あなたにとって素敵な一日になりますように。